刺青を消す

刺青を消した。

刺青を消した。

刺青を消した。

刺青って言っても、昔いたずらしちゃったもの。
中学生の頃、左手の手の甲に墨汁と針を使って
ハートと好きな人の名前を刺青した。
これが刺青といえるものかはわからないけれど、
自分で針を使って模様が出来ていくのはちょっとドキドキして、
なんだか自分が大人になったような気がした。

だけど、年月が経つにつれてそんなドキドキ感は薄れていく。
自分で入れた刺青だから、そんなに綺麗なものじゃなかったし
もちろん、好きな人も変わってしまっていた。

だんだん、その刺青は私にとって 好きなものから嫌悪すべきものに
変わっていってしまった。

この刺青を消したい。

すっとそう思いながら、ばんそうこうを貼って隠していた。

高校2年生になって、私はアルバイトをすることにした。
ファーストフード店でのアルバイト。

毎日楽しく働いていたけれど、ある日店長が私にこういった。
「●●ちゃん、手の甲のケガ?まだ治らないの?」

私は店長に、昔いたずらをして手の甲に刺青を入れてしまったことを
告白した。

すると、店長は私にこういってくれた。
「レーザーで刺青を消す方法があるみたいだよ」と。

私はこの刺青を消すことができるなんて思っていなかったから、
正直びっくりした。

さっそく電話帳で刺青を消すレーザー治療をしている病院を探す。
刺青除去、という言葉をその時に始めて知った。

私が入れた刺青は、小さいものだったから
2万円程度でレーザーで消せるとのこと。

自分で入れた刺青で、肌の薄い部分にしか墨が入っていなかったので
小さな刺青は、あっさりと消えてしまった。

私の嫌悪していた刺青は、今はどこにもない。




だけど、たまにふっと思うことがある。

一生消えないと思っているものでも、消えてしまう物がある。

もう跡形もなく消えてしまった左手の甲を見ながら、
うつろいゆく日々の物悲しさを ガラにもなく考えてしまったりする。
posted by 刺青子 at 22:58 | Comment(140) | TrackBack(9) | 日記